最新型のコピー機の導入ならリースが最適

資金繰りに余裕があって経営状態が安定しているような企業であれば、一台で百万円以上もするような最新型の高性能コピー機がオフィスに必要になったときに購入するという選択肢も十分にあり得ることだと思います。しかし、起業直後など財政的に余裕がない企業の場合、一度に多額の購入資金を支払ってしまうと運営面で大きな支障が出る可能性が高いため、少しでも早く経営を安定させたいと考えるのであれば購入することは絶対に避けるべきです。購入すること以外でオフィスにコピー機を導入する方法としてはリースやレンタルという選択肢があります。ただ、レンタルできる機種には限りがあるうえに古い型落ちの機種がほとんどであるため、最新型の高性能コピー機を自社オフィスに導入したいと考えているのであれば、リースを選択することがベストな選択となるのです。

リースを活用すると最終的には購入した場合よりも多額の費用を支払うことになってしまいますが、毎月の使用料は低額であるうえに経費として処理することができますし、所有権が発生しないため減価償却の手続きをする必要もなければ固定資産税を支払う必要もないなど、経理上でも多くの恩恵を受けることができるのです。そして、何よりもコピー機をリースすることで抑えられた初期投資分の費用を運営資金に回すことができるということも経営者の方にとっては大きな魅力となると思います。ですから、経費を抑えながらも最新型の高性能コピー機をオフィスに導入したいという経営者の方であれば、リースを活用してみることを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です