コピー機リースとメンテナンスの負担

コピー機はオフィス機器のなかでも相当な需要のある存在です。現在はデジタル社会と呼ばれてはいるものの、結局のところ紙の文書が絶滅することはなく、かえって複雑な手続きのために書類を数多く作成しなければならない機会のほうが増えています。そのような意味でコピー機はあいかわらず重要ですが、新規で購入する場合にはかなりの経済的な負担となってしまうことは避けられません。できるだけ初期費用を投下せずにコピー機をオフィスに導入する方法としては、リース方式を活用することが挙げられます。

リース方式であれば購入とは違って毎月一定の金額だけを負担すれば使うことができるため、たいへん経済的ですし、契約期間も耐用年数に合わせて比較的長くなっているため、頻繁な契約手続きも必要ありません。分割払いで購入したほうがトータルとしてみれば安い場合もあり得ますが、リース方式にはそれだけではないメリットがあります。リース方式での契約には、保守管理契約も付帯させるのがふつうであり、こうした契約があればいちいち故障のたびにエンジニアを呼び出して高い修理代や出張代を負担することなく、契約で定めたごくわずかの金額を負担するだけで、適切なメンテナンスが可能となります。もちろん購入の場合にもメーカー保証のようなものはありますが、それは購入後一定の期間に限定されている上に、保証の範囲も最初から決まっていますので、メンテナンスコストが高くつくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です