リースでコピー機を導入するメリット

リースでコピー機を導入するメリットはいくつかありますが、その中でも非常に重要なのが初期費用を抑えられることです。購入する場合には安いものでも数十万単位の費用がかかりますが、リースなら月々数万円で借りられます。導入時に一度に大きな費用が発生する購入と違って、最初に負担しなければならない額は大きくはありません。ですから、初期費用が気になっている場合にもおすすめの方法です。

実際のシステムとしてはどのような理由で安く借りられるのかというと、コピー機を導入する際にかかる費用はリース会社が肩代わりしています。それを数年をかけて支払っていく形です。コピー機は年々新しいものが登場しますので、使っているうちに新しいものを試したいと考えるケースも少なくありません。そんな時でも、残債分を新しい契約に乗せて新たなコピー機に交換することが可能です。

注意したいのは、一度契約したら途中解約できないことです。解約自体はできませんが、新たな機種に変更するための手段が用意されていますので、実質的に困ることはありません。購入ではありませんから、所有権は業者側にあって固定資産税がかからないこともメリットです。固定資産税や減価償却費は購入時に必ず見積もっておかなければならない費用であり、本体代金以外にもかかるために負担が大きくなります。

それに対し、リースなら税金を支払う必要がありませんので、気軽に借りることができて便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です