コピー機レンタルのメリットと利用する上での注意点

コピー機をレンタルする場合、最短で1日からコピー機を借りることができる会社もあり、通常でも2~3日から借りられるので短期間だけ利用したいという場合に大きなメリットが生まれてきます。また、コピー機自体の所有権がレンタル会社にあるので、購入したときに計上する原価償却や固定資産税が発生しなくなりますし、リース契約は契約が満了するまで解約できないのに対してレンタル契約はいつでも解約できる会社が多くなっているため、契約期間に縛られることなく快適に利用することができます。レンタルは手軽にコピー機を導入できる方法ではありますが、費用面を考慮すると長期契約には向いておらず、支払い総額はリース契約で導入した場合と比べても高くなってしまうので注意が必要になります。他にも原則として中古の機種が提供されるかもしれないという点も企業によっては注意が必要で、中古市場に出回っている機種に提供製品が限定されるという点で妥協せざるを得ないケースも少なくありませんし、新しい機種であるほど省エネ性能や印刷スピードが向上しているので、最新機種との性能差にストレスを感じてしまうこともあります。

さらに初期費用の認識についても注意が必要で、リース契約を利用する機会が多い企業ほどレンタル契約の初期費用について見落としているケースが多くあるため、サービスを提供している事業者には初期費用の発生についても忘れず確認しておくことが大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です