ホテルの料金が変動する理由

ホテルによっては固定料金を適用し、いつ宿泊しても一定の料金で宿泊可能な場合もあるのですが、大部分のホテルは曜日や季節によって宿泊料金が変動します。どうして料金変動制を採用しているのかといいますと、それはホテルが経営していく上で仕方のないことともいえます。そもそもホテルは部屋を消費者に提供し、宿泊料をもらうことによって施設を維持、管理し利益を上げていくことになるのですが、曜日や季節によって部屋が埋まりやすい時期と、そうではない時期があります。例えばビジネスホテルであれば平日はビジネスマンが活動しているので稼働率は高いのですが、日曜日となりますと稼働率は下がります。

また、リゾートとなりますと夏休みや冬休み、ゴールデンウィークといった大型連休には稼働率が高くなりますが、その他の時期は低くなります。このように稼働率が一定ではないために、利益を得られる時期とそうでない時期が明確に分かれているのです。利益を得られる稼働率の高い時期は宿泊料金を上げておくことで、稼働率の低い時期に仮に赤字を出してもその分を補てんできるように備えておかなければならないのです。仮に稼働率が常に一定でしたら宿泊料金を変動させる必要はありません。

また、そもそも部屋という商品を取り扱っているために在庫を抱えることができないので、一日でも売り逃してしまったら取り戻すことはできません。そのために、高稼働率で利益を見込める日に、少しでも利益を上げておくことが重要になるのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.