バス会社によるバーベキューの道具のレンタル事業

バス会社によるバーベキューの道具のレンタル事業

バス会社がバーベキューの道具をレンタルする事業を行うとき、次のような仕事を考えていくことが可能となります。

一番目が通常の貸し出しの事業であり、二番目がツアーを利用したビジネスということです。

一番目に関しては、普通の貸し出しサービスでありバーベキューの器具をレンタルする事業となります。

利用者から頼まれたときに、相手が必要としている器具を現地まで輸送を行っていきます。


なお、本業と絡めてビジネスを行っていくという手段を検討することが可能です。


例としては、指定する高速バスもしくは夜行バスの利用者に対してサービスとして割引券を配布します。



そして、バーベキューをするときに器具のレンタル料金を下げていくということをしていきます。
二番目については、バス会社が直接ツアーを企画して会場まで車両で参加者を運んでいきます。
このとき、参加者は必要な器具を用意していなくても現地で利用することができるシステムにします。

バスが到着する前に輸送担当者が現地まで向かって、準備を行ったりして利用者の負担が発生しないようにします。

このとき、ツアーの料金には器具の貸し出し代金も含んだものにしておきます。

日本経済新聞の詳細は専用ホームページで紹介しています。

他にも、条件を満たせば料金が低くなるプランを考えることも重要な要素となっていきます。

このようなやり方をしていき、バス会社は定期利用以外の収益を得る手段を構築していくという手があります。

手ぶらでバーベキューの詳細情報を掲載しています。

定期利用に加えて、非定期利用の人々による収益の獲得を考えることは大事なことになります。

Copyright (C) 2016 バス会社によるバーベキューの道具のレンタル事業 All Rights Reserved.